So-net無料ブログ作成

両陛下と文化交流 ー日本美を伝えるー [アート&デザイン]

上野公園の東京国立博物館 本館特別4・5室で特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流 ー日本美を伝えるー」を観てきました。

20190405 両陛下と文化交流.jpg

宮内庁が所管する皇室ゆかりの作品の中から、天皇陛下御即位の儀式に際して東山魁夷、高山辰雄が平成2年(1990)に制作した「悠紀・主基地方風俗歌屛風」や、天皇皇后両陛下が外国御訪問の際にお持ちになって紹介された作品などを展示する展覧会。

会場構成は次のとおり。
●御即位
●御誕生(前期のみ)
●外国ご訪問と文化交流
 酒井抱一筆「花鳥十二ヶ月図」12幅(江戸時代・文政6年=1823年)が一挙展示に。
●皇后陛下とご養蚕
 美智子さまが平成10年(1998)のデンマーク、平成12年(2000)のスウェーデンをご訪問になった際にお召しになったイヴニングドレスが展示されていました。
 佐賀錦によるマーガレットと百合の文様が配されていて、なんて美しいこと。

第二会場では、特別出品としてボンボニエールが展示されています。
ボンボニエールは、砂糖菓子を入れる蓋付き容器のことを意味するフランス語、bonbonnièreを語源とする呼び名。
両陛下の古希やお子さまたちの着袴の儀など、皇室の御慶事の折に、引き出物の一つとして関係者に下賜されるようになりました。
天皇家の御紋(菊花)のほか、お印の意匠(今上天皇は榮(文字)、皇后美智子さまは白樺)が用いられます。
どれも精巧な作りで芸術作品です。

平成の幕閉じまで1か月弱。カウントダウンが始まりました。
都内各地では、皇室ゆかりの展覧会が催されています。


ランキング参加中。ポチっと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。