So-net無料ブログ作成

ミラクル エッシャー展 [アート&デザイン]

上野の森美術館で生誕120年 イスラエル博物館所蔵「ミラクル エッシャー展」を観てきました。

20180629 エッシャー展.jpg
「相対性」1953年、リトグラフ

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表するオランダの版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(Maurits Cornelis Escher 1898-1972)。

世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。

「奇想版画家の謎を解く8つの鍵」に沿って会場が構成されています。
1 科学
2 聖書
3 風景
4 人物
5 広告
6 技法
7 反射

会場外には撮影用に「写像球体の自画像」(1950年、木口木版)と鏡面球体が置かれていました。
20180629 エッシャー展1.jpg 私も反射してるよ

8 錯視
Epilogue 循環する世界

一番の目玉作品は「メタモルフォーゼⅡ」1939-40年、木版
縦2m弱、幅4m近くにも及ぶ超大作。
片方の端から反対の端まで、文字から始まり、様々な形態が変容しながら循環し続け、やがて最初の文字へと戻る。
二次元になったり三次元になったり、トカゲ→蜂→鳥→魚→●●と、モチーフが違和感なく変容していくマジック。

「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラクル"な作品は、デザイナーやアーティストだけでなく、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え続けています。
そのためか、男性の来場者の姿が通常の展覧会に比べ、多かったように感じました。

ダンゴ虫のような「でんぐりでんぐり」というモチーフが可愛かった。

館内の案内表示に、こんな遊び心も。
20180629 エッシャー展2.jpg


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:版画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プーシキン美術館展 旅するフランス風景画 [アート&デザイン]

上野の東京都美術館で「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」を観てきました。

20180629 プーシキン美術館展.jpg
クロード・モネ「草上の昼食」部分、1866年

17世紀から20世紀の風景画65点が来日。
神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れを紹介する展覧会。

会場構成は次のとおり。
第1章 近代風景画の源流
第2章 自然への賛美
第3章 大都市パリの風景画
第4章 パリ近郊 -身近な自然へのまなざし
第5章 南へ -新たな光と風景
第6章 海を渡って/想像の世界

モネの他にもロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの作品による光と色が踊る風景画が展開されています。

20180629 プーシキン美術館展1.jpg
アンリ・ルソー「馬を襲うジャガー」部分、1910年

【同時開催】
「都美セレクショングループ展 2018」が開催されていました。(6月9日~7月1日)

ギャラリーA Wuiet Dialogue:インビジブルな存在と私たち

ギャラリーB 複数形の世界のはじまりに
20180629 都美セレクショングループ展1.jpg

ギャラリーC 蝶の羽ばたき Time Difference 時差Vol.3 New York -Seattle-London-Tokyo

20180629 都美セレクショングループ展2.jpg
複数のボックス状の作品 北村早紀「昨日と向こうのあいだに」2018年


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

星に願いを [日記]

今夜はサッカー日本代表が決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦。

20180628 七夕飾り2.jpg

勤務先が入っているビルのロビーに先日から七夕の笹飾りが置かれています。

「星に願いを」
20180628 七夕飾り1.jpg

今夜のサムライBLUEはビル屋外庭園の水辺に光る天の川イルミネーション。
20180628 天の川イルミネーション.jpg

前祝いディナーは魅惑ルート(アーク森ビル)の本格派タイ料理のお店・チャンロイkaawにて。

レモングラスとニンニクのタレに漬け込んだフリフリチキン(Gai Yaang)と青パパイヤのサラダ・ソムタム(Som Tam)、もち米ライスのセットをChang Beerと一緒に。
20180628 タイ料理.jpg

さて現時点の日本代表、前半0-0
後半の得点・勝利に期待!


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

紅一点 [日記]

7月の人事異動があり送別会シーズン。

今夜は職場の送別飲み会。(私は送る立場)

刺身桶盛り、浜焼き
20180627 浜焼き.jpg

紅一点、つまりオジサンたちの中に女性は私ひとり。
普段なら行かない大衆酒場で、オジサンたちはホッピーやら焼酎やら飲んでましたが、私は柚子酒。

全身煙臭くなったので洗濯して、シャワー浴びて寝よ。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸せは歩いてこない [日記]

♪幸せは歩いてこない♪

だから歩いて ゆくんだね~ 帰宅前にHappy hour♪
20180626 Hoegaarden.jpg
(800円→500円)

ビアホール(Antwerp Port)のカウンターで1杯買って外で立ち飲み。
なんかイギリスにいた頃のPub思い出す~

ほろ酔い加減で魅惑ルート(アーク森ビルのレストラン街)へ。
20180626 正宗担々麺.jpg

今夜は担々麺専門店・成都正宗担々麺 つじ田で夕食。
胡麻の風味を聞かせた「正宗式」とラー油の辛さを効かせた「成都式」の2種類があるのですが、初来店の今回は正宗の汁あり。(単品980円)
辛さを0~6まで7段階で調整可能とのことで、私はお店の基準=3で注文。
ピリピリ(辛さ)、ジンジン(痺れ)
次回は痺れ控えめに調整してもらおうかな。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英国ROHシネマシーズン2017/18 バレエ「マノン」 [シアター&シネマ]

英国ROHシネマシーズン2017/18 第11作 バレエ「マノン(Manon)」

20180625 ROHバレエ マノン1.jpg
TOHOシネマズ日本橋にて(特別料金3600円)

■振付:ケネス・マクミラン
■音楽:ジュール・マスネ
■指揮:マーティン・イエーツ
■出演:サラ・ラム(マノン)
   ワディム・ムンタギロフ(デ・グリュー)
   平野亮一(レスコー)
   イツァール・メンディザバル(レスコーの愛人)
   ギャリー・エイヴィス(G.M.)

【上演時間】3時間11分 (全3幕、休憩2回)

愛や裏切りや嫉妬などが描かれる、バレエの中でも最もドラマティックで破滅的な作品のひとつ。
原作は、18世紀フランスで聖職者だったアベ・プレヴォ(プレヴォ神父)による小説「マノン・レスコー」。
ケネス・マクミランが1974年にバレエ化。

<あらすじ>
美しく衝動的な少女マノンは、若くハンサムな学生デ・グリューと出会い恋に落ちる。
しかし、兄レスコーの手引きから富豪ムッシューG.M.から愛人にならないかと誘われたマノンは、デ・グリューとの愛と、G.M.との豪華な生活の間で引き裂かれ……。

20180625 ROHバレエ マノン2.jpg

ドラマティックな展開、アクロバティックな振付。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

クチナシの花 [つぶやき]

Gardenia

毎年この季節、クチナシの香りにうっとり~
20180625 くちなしの花1.jpg

近所の街路樹。
一重咲きとならんで八重咲き品種も。

写真を撮ろうとスマホのライトを点けたら、パカッと外側の花弁が開きました。
20180625 くちなしの花2.jpg

♪いーまでは指輪も~♪
回るほど~ 痩せてやつれた
とは程遠く、指まで太って抜けません(涙)


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:植物
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オンネリとアンネリのおうち [シアター&シネマ]

映画「オンネリとアンネリのおうち」を観てきました。

20180624 オンネリとアンネリ.jpg
恵比寿ガーデンシネマにて(スクリーン2、2P割引料金1000円)

監督:サーラ・カンテル
衣装:アウリ・トゥルティアイネン
出演:アーヴァ・メリカント(オンネリ/黒髪の女の子)
   リリャ・レフト(アンネリ/金髪の女の子)
   エイヤ・アフヴォ(バラの木夫人)
   ヤッコ・サアリルアマ(リキネン/おまわりさん)
   ヨハンナ・アフ・ジュルテン(ウメ・ボーシュ/ちょっと怖いお隣さん)
   エリナ・クニヒディラ(ノッポティーナ/魔法を使える隣人姉妹の背が高いほう)
   キティ・コッコネン(プティーナ/魔法を使える隣人姉妹のポッチャリしたほう)他

原題:Onneli ja Anneli(英語:Jill and Joy)
2014年、フィンランド、フィンランド語、80分

1960年代に発表され、フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズを実写映画化。

<あらすじ(チラシより引用)>
オンネリとアンネリはとっても仲良し。
ある日ふたりは、バラ通りで「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾い、そのお金で、バラの木夫人というおばあさんから夢のように素敵な水色のおうちを買うことに。
オンネリは9人きょうだいのまん中で、アンネリは離婚したおとうさんとおかあさんの間を行ったり来たり。
ふたりの両親は忙しすぎて、自分たちがいなくても気づかない。
「わたしたち、ふたりの家に住んでいい?」
気難しそうなお隣さんや、魔法が使える陽気なおばさん姉妹、ちょっぴり変わったご近所さんと交流しながら、ふたりだけの楽しい生活が始まる。
しかし、お隣さんに泥棒がーーー!


文句なしにカワイイ!!
今年見た映画の中ですでに上位に入ること決定!
(あまりに良かったので、翌日会社に行って、小4の娘をもつ元同僚に早速推奨)
おしゃまな女の子ふたりの話す口調、表情のキュートさ。
チラシの写真で見てわかるように、フィンランドの家具やインテリア、雑貨、洋服など、何から何まで北欧デザインというか、オシャレで可愛くて、メルヘンの世界。
登場人物たちも一人ひとりのキャラが立っていて、ストーリーも喜怒哀楽やユーモアに富んでいる。

バラの木夫人がこの物語で幸せの奇跡を起こす役割。(魔法使いのおばあさん的存在)
最初に登場して二人のための可愛いおうちをプレゼントしたかと思うと、最後にも登場して大家族のオンネリの父親に家族用の大きな家をプレゼント。

心がほんわか、顔がほころぶ映画です。

【おまけ】
シネマの売店では、上映作品にちなんだフード類を提供することがありますが、今回は可愛いアイスクリーム。

20180624 オンネリとアンネリのアイスクリーム.jpg
フランボワーズ、アイシングクッキー付き

物語には、トラックで移動販売する、おばあちゃん思いの心優しい男性アイスクリーム屋さんがちょくちょう登場。
オンネリとアンネリはそこのアイスクリームを食べるのが楽しみ。
しかし、彼が泥棒の張本人に~


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:メルヘン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

久しぶりの魅惑ルート夕食 [レストラン&フード]

今週のWork daysが終わりました。

今週は水曜日に休暇をとったので四日勤務。この勤務パターン、いい感じ。

金曜だから仕事帰りに出かけようと思っていましたが、またしても仕事の区切りをつけるのが遅れて(このダラダラはNGね、、)予定変更。帰宅することに。

でも、直行するのは味気ないから、私の"魅惑ルート"(=アーク森ビル3階のレストラン街)に立ち寄り夕食を食べて帰ることにしましょ。

20180623 金子半之助.jpg

今回は天丼専門の日本橋本店は行列ができる天ぷらめし 金子半之助にて。(食券を券売機で購入してカウンター席に着くお気軽スタイル)
天ぷら定食に味噌汁を付けて。
揚げたての天ぷらを出してくれます。サクサク美味しい。

20180623 白ワインと花束.jpg
白ワインは珍しくニュージーランド産。酸味がやや強いけど、いい香り

食後はサウスタワーで花束を買って、帰宅後に冷やしておいた白ワイン(グラス1杯だけよん)を飲みながら録画しておいたテレビ番組を見る。
こんな時間にもささやかな幸福感を感じます。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さよなら、僕のマンハッタン [シアター&シネマ]

映画「さよなら、僕のマンハッタン」を観てきました。

20180621 さよなら、僕のマンハッタン.jpg
丸の内ピカデリーにて(シアター2、レイトショー1500円)

監督:マーク・ウェブ
出演:カラム・ターナー(トーマス)、ジェフ・ブリッジス(W.F.ジェラルド)、
   ケイト・ベッキンセール(ジョハンナ)、ピアース・ブロスナン(父 イーサン)、
   シンシア・ニクソン(母 ジュディス)、カーシー・クレモンズ(ミミ) 他

原題:The Only Living Boy in New York
2017年、アメリカ、英語、88分

<あらすじ(公式サイトより引用)>
大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドにある親元を離れ、ロウワー・イーストサイドで一人暮らしを始めたトーマスは、風変わりなアパートの隣人W.F.ジェラルドと出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。
ある日、想いを寄せる古書店員のミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。
W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、「あなたの全てを知っている」という謎めいた彼女の魅力に溺れていく。
退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

NYの名所の数々を舞台に、サイモン&ガーファンクル、ボブ・ディランらの名曲にのせて贈る、懐かしき青春物語の傑作、という宣伝フレーズにひかれて見たけど、私には単調すぎて途中に眠りに落ちてしまいました。
ただ、悩める主人公トーマスを演じた英国俳優カラム・ターナーファンタジーは、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(このシリーズ2作目)への出演も決定したとのことなので、そちらを楽しみにしましょ。

【おまけ】
上映開始が遅かったので、丸の内ピカデリーが入っているルミネ有楽町で夕食を。

8階のイタリアンBarbara Lemieux(バルバラ・ル・ミュウ)でヤリイカの明太風味パスタ
20180621 イカ明太パスタ.jpg
半券サービスを利用してスパークリングワインをいただきました

今日は夏至の日。
各所でライトダウンが行われていたようですね。

20180621 blueグラントウキョウ.jpg
有楽町から東京駅方向を見ると、グラントウキョウのツインビルのてっぺんはブルー


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。