So-net無料ブログ作成

六本木アートナイト2017 [アート&デザイン]

生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、街づくりの先駆的なモデル創出を目的に、六本木界隈(大都市東京のド真ん中)で開催される一夜限りのアートイベント「六本木アートナイト2017」を今年も楽しみました。

20171001 六本木アートナイト1-1.JPG
国立新美術館 前庭、蜷川実花「Tokyo Followers1」

風にクルクルまわる風車の花畑。
20171001 六本木アートナイト1.JPG
向こうに見える六本木ヒルズ森タワーの上空にきれいにお月さまが見える

美術館の中からも。
20171001 国立新美術館.JPG

2009年3月にスタートし、2011年の東日本大震災の発生後に中止になった以外、毎年開催のアートの祭典。
こちら、2010年の様子)

20171001 六本木アートナイト3.JPG
東京ミッドタウン キャノピー・スクエア、蜷川実花「Tokyo Followers1」
六本木ヒルズ アリーナにもインスタレーション作品が置かれ、万華鏡のような世界観を展開

ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブの「巨人と歩く:彼らは私たちと同じ(六本木ヒガンテスプロジェクト)」
20171001 六本木アートナイト2.JPG
同じくキャノピー・スクエアにて。ヒガンテスとは、巨人彫刻のこと

六本木交差点に移動してきました。

山本洋子(バルーンランド)「アジアの花」
20171001 六本木アートナイト4.JPG
カフェ・アマンドのウィンドウには蜷川実花のヴィジュアル作品「NINAGAWA ALMOND」

2017年のテーマは、「未来ノマツリ」
アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集まり、新しくクリエイティブな「マツリ」を繰り広げました。

国立奥多摩美術館「国立奥多摩美術館 24時間人間時計~アジア編~」
20171001 六本木アートナイト5.jpg
六本木通り沿い、ノースタワー前

上↑の写真は終わったあとの夜に撮影したもの。友人が昼間の写真↓を共有してくれました。
20171001 六本木アートナイト5-1.jpg
人が時計の針となる

江頭誠「suit」 すべてがロココ調の花柄毛布にくるまれている
20171001 六本木アートナイト6.JPG

毛利庭園に出てみると、池の近くにキラキラ光る場所が。
20171001 六本木アートナイト7.JPG

フェリックス・バコロール「荒れそうな空模様」
20171001 六本木アートナイト7-1.JPG
「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」で展示中の大型インスタレーションと連動

他にもインタラクティブ作品やパフォーマンスなどもあり、全部は観て回れないほど盛り沢山。
来年の企画もまた楽しみです。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。