So-net無料ブログ作成

響きの森クラシック・シリーズ Vol.67 [ミュージック]

文京シビックホール 大ホールで「響きの森クラシック・シリーズ Vol.67 ニューイヤー・コンサート2017」を鑑賞してきました。

20190323 響きの森クラシック.jpg
(S席7200円 1階11列32番)

友人(後輩のJちゃん)がシーズン券を毎年購入していて、お誘いがありました。

今回は「ロシアの至宝プレトニョフが贈る ロシア音楽の真髄」がテーマ。

指揮:ミハイル・プレトニョフ[特別客演指揮者]
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

【曲目】
●ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー/スラヴ行進曲
●アレクサンドル・グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲
 ※ヴァイオリン:ユーチン・ツェン(2015年チャイコフスキー国際コンクール最高位)
●アラム・ハチャトゥリアン/バレエ音楽『スパルタクス』より「アダージョ」
●アラム・ハチャトゥリアン/交響曲第3番『交響詩曲』
 15本のトランペットの別働隊とオルガンを活用した、けたたましいまでのサウンドが特徴。
 15本のトランペットのファンファーレ風の主題を高らかに奏でてスタート。

【アンコール】
ソリスト:タレガ「アルハンブラ宮殿の思い出」
オーケストラ:ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」よりワルツ

プレトニョフさんの指揮、動きの少ない省エネ型。そのゆったりとした動きにつられウトウト。
でも、雰囲気のあるロシア音楽を楽しめました。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。