So-net無料ブログ作成

劇団☆新感線 髑髏城の七人 Season「花」 [シアター&シネマ]

今日は会社を早退し、豊洲へ。

20170531 ゆりかもめ市場前1.JPG
築地市場の移転問題。何も変わらぬまま早半年が経過

私の目的地は市場ではなく、ゆりかもめ駅の反対側。
20170531 ゆりかもめ市場前2.JPG

18時すぎ、夕暮れ時のウォーターフロントは蒸し暑い…
20170531 ステージアラウンド付近1.JPG

だから開演前に泡~
20170531 髑髏城の七人・花2.JPG

そう。劇団☆新感線 髑髏城の七人 Season「花」を観てきました。
20170531 髑髏城の七人・花1.JPG
IHIステージアラウンド東京(S席13000円 Cブロック26列4番)

2017年3月にオープンした「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:捨之介(すてのすけ)/小栗 旬
   無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)/山本耕史
   天魔王(てんまおう)/成河(そんは)
   極楽太夫(ごくらくだゆう)/りょう
   兵庫(ひょうご)/青木崇高
   沙霧(さぎり)/清野菜名   
   狸穴二郎衛門(まみあなじろうえもん)/近藤芳正
   贋鉄斎(がんてつさい)/古田新太         他

「髑髏城の七人」は、1990年に池袋西口公園テントで産声を上げ、初演以降、1997年、2004年、2011年と7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。
戦国の世を舞台に織田信長の家臣たちの復習が描かれ、毎回、趣向を凝らした演出。

「IHIステージアラウンド東京」公演では、2017年から7年めの年にあたる2018年まで、1年3ヶ月にわたるロングラン上演となるそうです。
“花・鳥・風・月”4シーズンに分け、シーズンごとに全て異なるキャスト、脚本・演出で、全く違ったアプローチの「髑髏城の七人」が観られるとのことで、私にとっては初めての「髑髏城」。(劇団☆新感線は約二年前と二度目)

ステージは円形。客席はステージの中央。360°回転する客席。
ステージのほとんどは幕(スクリーン)で隠され、見える一部でお芝居が繰り広げられる。
客席が回転すると同時に、ステージの幕が開閉移動し、舞台は場面転換する。
さらに、幕が巨大なスクリーンとなって風景や建物などの映像が映し出される。

文字で説明するのはむずかしいけど、とにかく新感覚の劇場体験。
私の席は円形の南西の方角の端だったけど、幅広いステージを見渡すには遠めのほうがいいかも。
ただし、役者の顔をしっかり見るためにはオペラグラス(双眼鏡)が必要ですが。

18:30に開演し、休憩をはさみ、終演すると22時。
20170531 髑髏城の七人・花3.JPG

クリスタルキングの「大都会」を歌い出したくなるような夜景。♪ああー果てしない~♪
20170531 ステージアラウンド付近2.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:お芝居
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。