So-net無料ブログ作成

アール・デコの邸宅美術館 [建築&インテリア]

今夜は東京都庭園美術館の夜間鑑賞♪

20150911 東京都庭園美術館1.JPG

「アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015+ART DECO COLLECTORS」を観てきました。

1925年にパリで開かれたアール・デコ博覧会を訪れた朝香宮夫妻は、コレクター館(フランスの装飾家アール・デコの作家たちが結集して創り上げた空間)をはじめ、さまざまなパヴィリオンを見学し、日本に実際に住まうための"アール・デコの邸宅"を築くことを思いつき、博覧会から8年後の1933年、白金の地に朝香宮邸(現・東京都て院美術館本館)を建てた。
その建築には、アンリ・ラパンやルネ・ラリックといったフランスのデザイナーや工芸作家、日本の皇室建築家集団である宮内省内匠(たくみ)寮の技師や職人など、日仏のアーティスト・職人が協働して関わった。

本館1階は来客をもてなすパブリックスペース。

大客室 20150911 アール・デコ邸宅美術館2.JPG
20150911 アール・デコ邸宅美術館3.JPG 大食堂

2階への階段 20150911 アール・デコ邸宅美術館1.JPG
上がった広間 20150911 アール・デコ邸宅美術館4.JPG

本館2階は宮家の人々が生活するプライベートスペース。

20150911 アール・デコ邸宅美術館5.JPG
   20150911 アール・デコ邸宅美術館6.JPG
      20150911 アール・デコ邸宅美術館7.JPG
   20150911 アール・デコ邸宅美術館8.JPG
20150911 アール・デコ邸宅美術館9.jpg

市松模様の床のベランダ。
20150911 アール・デコ邸宅美術館10.JPG

エドバー・ブラントの衝立(1920年代)イセ文化財団所蔵
20150911 アール・デコ邸宅美術館11.JPG

スー・エ・マール社 ソファと椅子(1923年頃)
グスタフ・ベッカー社 テーブルクロック(1910年頃)
20150911 アール・デコ邸宅美術館12.JPG

20150911 アール・デコ邸宅美術館13.JPG
   20150911 アール・デコ邸宅美術館14.JPG
      20150911 アール・デコ邸宅美術館15.JPG
         20150911 アール・デコ邸宅美術館16.JPG

2014年に竣工した新館。
20150911 東京都庭園美術館2.JPG

昼の明るさの中とは違い、夜のほうが照明が幻想的でさらに良い。

門扉もアート。
20150911 東京都庭園美術館3.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0